子宮肉腫は怖い病気

子宮ガンエントリー一覧

子宮ガン(投稿1)
○子宮ガンについての解説○誰にでもあることですが、子宮ガン に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで子宮ガンに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。一般的に子宮内膜症では50〜75%の方でCA125が陽性になる(35IU/ml以上を示す)といわれています。そのため判別が難しいです。健康増進や病気の早期発見には、定期的な健康診断を受ける必要があります。一般的に受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠といいます。入院の必要はなく、...
子宮ガン(投稿2)
☆子宮ガンに関する説明☆子宮ガンは世の中の関心が高いテーマです。実際、子宮ガン について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。子宮筋腫と症状が似ているため区別が難しい病気ですが、診断の目安は次のようになっています。また、卵巣は子宮体部腫瘍が転移しやすいことも摘出する理由の1つである。骨盤内臓器の癒着を引き起こす子宮内膜症も一因になります。(低用量ピルでは出血してしまう場合があります。現在は点鼻薬と注射器による投与が一般的です。まず、月経が終了する頃から排卵が起こるまでの期間...
子宮ガン(投稿3)
◆子宮ガンの解説◆子宮ガンは世の中の関心が高いテーマです。実際、子宮ガン について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。茎を持つために子宮頸管から膣の方へ出る時も。また治療でポリープを摘出しても再発することもあります。また、低用量ピルでは少なくなったとはいえ、「体重が増える可能性がある」ことも欠点の一つと言えるかもしれません。子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんです。がんにかかりやすい人を「リスクの高い人」といいます。一方、子宮内膜症にかかる人が増えている最大の原因は、女...
子宮ガン(投稿4)
★子宮ガンに関する記事★子宮ガンはけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮ガン を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。大腸にできるようなポリープとは違い、癌化することはほぼ100%近くないものなので放置してもかまわないのですが、自然治癒することはほとんどないこと、大抵は先のような理由により不正出血を起こすことが多いことから、摘出するようになることが多いようです。したがって、子宮筋腫・肉腫の鑑別の場合は、生検で肉腫の診断基準を満たしていなくても、少しでも異常がみられれば、...
子宮ガン(投稿5)
☆子宮ガンに関する説明☆子宮ガンのことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮ガン に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。受精した卵(受精卵)はどんどん細胞分裂を繰返して発育しながら、卵管内(2)を大体1週間で移動して赤ちゃんのベットである子宮体部(3)にたどり着きます。次に対症療法は鎮痛剤、止血剤、鉄剤など、その時の症状に応じて症状を緩和する薬物を投与する方法です。全体の1割程度と少ない発生率ですが、過多月経や不正出血などの症状が最も強く表れる筋腫です。...
子宮ガン(投稿6)
子宮ガン について世の中では種々雑多な情報やウワサが飛び交っているようですね。子宮ガンはそれだけ世の中の関心が高いと言うことです。さて、子宮肉腫は婦人科のがんの中でもまれな病気で、子宮体がんの2〜5%です。大きくは子宮体部に発生する「体部筋腫」と子宮頸部に発生する「頸部筋腫」に分けられ、子宮筋腫全体の95%は体部筋腫です。子宮内膜ポリープの摘出摘出手術は内膜掻爬(そうは)術と、子宮鏡下手術があります。がんの広がり具合がはっきりしない場合には、円錐切除術といい、子宮頸部を円錐状にくりぬく検査を行い...
子宮ガン(投稿7)
★子宮ガンに関する記事★子宮ガンにもいろんな側面があるので、あんがい新たな気づきがあるかもしれません。せっかくの機会なので、子宮ガン について詳細に見ていきましょう。子宮鏡下手術ポリープが大きい(茎が太い)場合は、子宮鏡下において電気メスでポリープを切除します。子宮筋腫は閉経後に小さくなりますが、閉経後に大きくなっている肉腫は子宮肉腫の可能性があります。子宮内膜は本来自分の身体の中(=子宮の内腔)に存在するものですが、あるべき場所ではないところにもそれが認められるような病気である、ということです...
子宮ガン(投稿8)
★子宮ガンに関する記事★子宮ガンについての新しい発見・気づきがあるといいですね。今まで詳しくなかった子宮ガン の新事実がこのページで見つかるようお手伝いします。子宮筋腫の手術中に肉腫が見つかることもあります。このような状態になったものを凍結骨盤と呼びます。筋層内筋腫は子宮の筋肉組織内にできる筋腫で、子宮筋腫全体の7割を占める一番多い筋腫です。通常、薬を使用し始めてから1ヶ月以上を経過すると、だいたいエストロゲン量は更年期レベルに減少しますので、この頃から症状が現れ始めるのが普通でしょう。また薬物...
子宮ガン(投稿9)
□子宮ガンのやさしい解説□それでは子宮ガン のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮ガンのことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。子宮内膜症の代表的な症状は、月経が繰り返されるたびにだんだんひどくなる月経痛です。また一方、妊娠したのと似たような状態として治療する方法、すなわちピルを用いる方法(擬妊娠療法)では、擬閉経療法(更年期状態を作り出すことで治療する方法)とは異なり較的長期に渡って治療しても骨粗鬆症を始めと...
子宮ガン(投稿10)
◆子宮ガンの解説◆それでは子宮ガンについてくわしく見ていきましょう。子宮ガンに関する基本的なことがはっきりしてくると思います。胸が張ったり尿が近くなったり、つわりが出ることもありますが、生理が遅れている(無月経)くらいしか感じず、妊娠していることに本人が気づいていないこともあります。病気の根本は、実は単純にそれだけのことなのです。子宮内膜症は必ず自覚症状があるとは限りません。子宮内膜症ができやすい場所は、腹膜、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)です。さらに子宮筋腫の発生を増加させているの...
子宮ガン(投稿11)
●子宮ガンについての投稿記事●それでは子宮ガン のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮ガンのことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。子宮は膣のすぐ上にありますが、子宮の入り口はその字のとおり子宮のうち膣に近い部分をいいます。これに対し子宮体部悪性腫瘍の大部分を占める「子宮内膜がん」は子宮内膜のうち内膜腺上皮と呼ばれる組織から発生する悪性腫瘍である。この時には飲むのを中止して、先生の指示を仰ぎましょう。頻度は大体...
子宮ガン(投稿12)
●子宮ガンについての投稿記事●子宮ガンの知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮ガン に関する内容を見ていきましょうか。子宮頚管ポリープの症状痛みなどの症状はほとんどなく、おりものが多くなったり、性行時の接触や刺激,膣の炎症などでポリープから出血することがあります。 これは、検診や外来で発見される機会が増えたことのほか、患者は日本より欧米に多い事、欧米化  したライフスタイルで育った若い世代に増えていることなどから、食事や生活環境に関係があるのでは...
子宮ガン(投稿13)
□子宮ガンのやさしい解説□ここで子宮ガンに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。というのも、誰にでもあることですが、子宮ガン に関しては、どことなく心に引っかかって気になることがあるのではありませんか?子宮内膜症がある女性の月経痛は、日常生活に支障をきたすほど重症なものもあります。子宮内膜症の発症原因に、月経血の逆流が関わっているのは恐らく間違いのないことでしょう。食事をすると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上昇します。子宮肉腫は、症状や所見から「子宮筋腫に似たタイプ」と「子宮内膜がんに...
子宮ガン(投稿14)
●子宮ガンについての投稿記事●子宮ガンのことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮ガン に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。現在でも日夜薬物療法の研究は進められており、将来的には副作用が改善され、長期間使用できる薬の開発が期待されます。また筋腫の位置によっては卵管が圧迫されて、精子が卵管を通る際の障害となることもあります。腹腔鏡でもチョコレート嚢胞を手術したり癒着を剥がしたりすることは可能ですが、やはり限界がありますから、最善策を考えてその場で開腹手術...